1. ホーム
  2. その他の取組み
  3. 品質保証
  4. 改善活動

改善活動

協和機電工業は、全員参加型の重複小集団活動を行っています。

KPS推進室

当社には改善活動を推進する、KPS推進室という専門の部署があります。

KPSとは、

KYOWA
(協和機電工業)
PRODUCTION
(生産する)
SYSTEM
(仕組み)

の略で「流れを情報を加工する」「流れでモノをつくる」を基本に会社の利益を出す仕組み作りを行う組織になります。

活動内容

「上流化戦略」「生産性向上」「繁閑体制」「見える化」の達成のため、全員参加型の改善活動を行っています。

  1. 上流化戦略

    「労務環境の上流化」「顧客の上流化」「業務の上流化」をキーワードに協和機電工業自体の上流化実現のため改善活動を行っています。

  2. 生産性向上

    徹底した(現場で目に見える)ムダ・(仕組みから発生する)むだ・(経営全体を損なう)無駄の排除により、「流れで情報を加工する」「流れで生産できる」ように改善活動を行っています。

  3. 繁閑体制

    徹底した内製化の実現を行う為に、繁忙期に短期間で生産能力をUPさせる手法を取り入れ改善活動を行っています。

  4. 見える化

    問題・プロセス・結果の正常と異常を瞬時に判断できるよう、事務所や現場で改善道具を用いた見える化の実現のため改善活動を行っています。

  • 活動風景1
  • 活動風景2

その他の取組み


ページの先頭に戻る