1. ホーム
  2. 製品案内
  3. 監視・制御システム:大気汚染常時監視システム

大気汚染常時監視システム

画面イメージ

本システムは、大気汚染防止法第22条に基づいて都道府県知事が、環境大気の汚染状況把握と大気環境保全対策のための基礎資料を得る目的から、大気汚染測定局を整備する場合、①対象地域全体の汚染状況が的確に把握でき、気象状況を考慮した緊急時対策及び環境基準の適否判断に役立つものとして、②また、大気環境保全対策等の立案及び施策実施後の評価に役立つ資料の作成提供を行い、③さらに、地球的規模の環境問題が注目されている中で、国際的に情報交換ができる大気汚染測定網の一端を担うことを目的とした大気汚染状況の常時監視システムです。

システムの特徴

本システムは、従来の無線通信及びテレメータ利用からWebネットワーク通信を利用する、VPNによるIP通信化を行うことで、測定データの収集・処理性能を大幅に向上するとともに、Webシステム化を図り、従来よりも操作性・機能性が向上できます。
また、公表・発令の面でもWebシステム化によるインターネット公開や、FAXサービス利用による緊急通報の迅速化等の向上を実現しています。
さらに、観測局のデータ収集・送受信装置のPC化により、中央局からの測定器制御や異常検知等の安定した測定データ収集を可能とし、環境保全行政を強力にサポートします。

ネットワーク構成(例)

大気汚染常時監視システムのネットワーク構成図

観測局側収集系

区域内の各観測局に設置した観測局データ収集・送受信装置は、各測定器からの測定データをリアルタイムに収集し、中央局からの要求周期に従い中央局データ収集装置に測定データを転送します。
本装置は各測定器のメンテナンス(点検)を考慮した、瞬時データ表示機能、保守中信号設定機能、測定器警報履歴機能のほかに積算リセット指示機能、測定レンジ表示機能等をサポートしています。
また、保守中信号設定や積算リセットは中央局から制御することも可能となっています。

  • 瞬時データ表示画面

    瞬時データ表示画面イメージ

  • 保守中信号設定画面

    保守中信号設定画面イメージ

  • 測定器警報履歴画面

    測定器警報履歴画面イメージ

中央局側収集・データベース系

各観測局から測定データを収集し、データベース化して保存します。
収集した測定データの光化学オキシダント濃度が高い場合には、警報として管理端末に表示し、関係機関への警報発令通知FAX原稿の作成・送信を行います。
また、管理端末画面に収集測定データを表示(GIS表示・数表表示)し、管理端末操作による測定データの統計処理、帳票出力、報告書作成や、関係機関・インターネットへのデータ提供、公表を行います。

  • メインメニュー(GIS)画面

    メインメニュー(GIS)画面イメージ

  • 時報(収集データ)画面

    時報(収集データ)画面イメージ

  • 帳票出力選択画面

    帳票出力選択画面イメージ

  • 日報画面

    日報画面イメージ

  • 局別濃度推移グラフ画面

    局別濃度推移グラフ画面イメージ

  • インターネット公開画面

    インターネット公開画面イメージ

製品に関するお問い合わせ先

時津事業所 〒851-2107 長崎県西彼杵郡時津町久留里郷376-5
TEL:(095)881-2578(ダイヤルイン) / FAX:(095)881-3720
協和機電工業株式会社 電機エンジニアリング部門までご連絡、送付下さい。

監視・制御システム

get Adobe Reader

製品のパンフレット等をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
最新のAdobe Readerは上のアイコンからダウンロードできます。


ページの先頭に戻る