F-cap(高性能繊維ろ過装置)

独自の内部構造(特許登録済み)により、微粒子除去率が高く、強い濁りにも対応可能な繊維濾過器です。

特 徴

・原水濁度100度まで対応可能,水回収率97%を達成
・従来の砂ろ過器の4分の1程度のスペースで設置可能
・10μmの微粒子では除去率が99%に達する高精度ろ過

訴求ポイント

従来

  • 従来の砂ろ過器では高濁質原水には対応できない
  • 従来型の遷移ろ過装置は濁質除去率が低い
  • 逆洗水の使用量が多く、水回収率が低い
  • 従来型の砂ろ過/繊維ろ過装置は長期的な処理性能の安定性が低く、維持管理の手間が掛かる

本製品

  • 逆原水濁度100度まで対応可能で、濁質除去率を高く保つ独自のろ過内部構造を有する
  • 逆洗水の使用量が少なく、水回収率97%
  • 5年間の耐久試験実施済み
  • 長崎バイオパークの池浄化にて3年以上の実用運転を継続中

実証実験・実用例

処理能力:3~6m3/時

処理能力:3~6m³ /時

ため池・防火用水の除濁
処理能力:8~16m3/時

処理能力:8~16m³ /時

動物園の池でのアオコ等の除去による景観改善
処理能力:8~16m3/時

処理能力:8~16m³ /時

下水処理水再利用の当社試験設備にてUF膜の前処理として使用

協和機電工業のあゆみ

協和機電工業は、1948年に長崎の地で創業してから約70年、
社会の発展と共に技術・技能を修得してきました。